おすすめ

キャッシング・リボ払いの真相

投稿日:

jarmoluk / Pixabay

ローンはメリットが大きい

銀行系のカードローンにはいくつかのメリットがあります。

まず安心感のある融資元であるということ。誰もが知る銀行がCMに清潔感のあるタレントを起用して借金のうしろめたさを感じさせません。

さらに、消費者金融では総量規制により年収の3分の1までしか借りることができませんが、銀行のカードローンは500万円まで貸付可能になっています。実際には高額の融資は公務員等の安定職種や不動産保有などの条件が必要になりますが、それでも総量規制の影響を受けない点は大きなメリットです。

さらに、カードキャッシングや消費者金融に比べて金利が割安という点があります。消費者金融は利息18%が基本になりますが、銀行カードローンでは最大で15%程度であることがほとんどです。

リボ払いには注意が必要

カードローンの返済額が大きくなった時に便利に利用できるのがリボ払いになります。カードローンの全額または一部をリボ払いに切り替えることができます。当月の支払金額をかなり抑えることができるため緊急の際には利用したいものです。

しかし、リボ払いはあくまで1回の支払い金額が抑えられるだけで支払い金額が少なくなるわけではないので、返済期間が長引くほど負担が大きくなります。

リボ払いはあくまでも一時的に利用してまとめて支払いを行うのが一番です。

リボ払いについて詳しく解説

-おすすめ

Copyright© クレジットカードモンスター , 2017 AllRights Reserved.